上フレーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

ソルト(完全ネタバレ)






 アンジェリーナ・ジョリーの「ソルト」を観た。
 もちろんDVD。もう何年も映画館には行っていない。大画面の良さというのは知っているが、それとのんびり寛いでみるを天秤にかけて後者を選ぶものぐさだ。

 TSUTAYAのネット宅配……という時点でさらにものぐさな気もするが……でずっと貸し出し中だったのだが、ようやく借りることができた。
 
 あ、ここからはネタバレです。ネタバレ嫌で観ていない方は,間違っても読まないでください。世の中ネタバレといいながら、結構ぼかして書く方もいますが,私はそんな気は遣いません。ネタバレと書いたらネタバレです。

 さて、結論から言えば面白かった。誰かのブログにもありましたが、女版「ジェイソン・ボーン」な感じでした。できとしてはボーンの方が上だと思いますが、好みもあります。

 物語は2年前、主人公のイヴリン・ソルトが北朝鮮にアメリカの工作員として捉えられたところから始まる。
 そのときソルトを救うために尽力したのが、現在の夫である蜘蛛学者のマイク。二人は結婚し、現在に至るが、その2年目の結婚記念日、ソルトが勤めるCIAにロシアから亡命者がある。



 取り調べにあたったソルトに、オルロフというそのロシア人は、ロシアには子供の頃からアメリカ人として教育を受け、いざというとき活動を起こす部隊があり、その一人チェンコフという少女がスパイとしてアメリカに潜入している。(いわば忍者で言うところの草ですね。子供の頃からスパイとして潜伏し、時期を待っているわけです。)



 そのスパイは、今回アメリカの副大統領の葬儀に参列するロシア大統領を暗殺するつもりなのだと告げる。
 そしてスパイの現在の名はイヴリン・ソルトであるという。
 自らの名前を出されたソルトは、罠だと言うが、その瞬間から二重スパイの嫌疑をかけられてしまう。
 一方オルロフは、連行される間に二人の局員を殺害して逃げる。

 ソルトもまた逃亡を図り、同僚のテッド、防諜部のピーボディらが追跡を始める。ここからはアクションの連続。

 自宅に戻り、夫が何者かに拉致されたことを知ったソルトは、追っ手を振り切るため逃げる。捕まりそうになっても、車のコンテナに飛び乗ったり、コンテナからコンテナに飛び移ったり、バイクを奪ったりして、逃げおおせます。なかなか派手です。

 ソルトは、葬儀が行われている教会に地下から忍び込み、追悼の言葉を語るロシア大統領の床を爆破し、階下に落とし、大統領に向かって発砲。
 この時点で、やっぱりソルトは本当にロシアのスパイだったの?と、私は遅めの理解をしました。しかし、明らかに蜘蛛から抽出した毒を打ち込んでいる音がして、「殺害していない」というのが解るので、実は三重スパイか?とか思ったりして。

 ここでソルトは、防諜部のピーボディに捕まる。しかし、護送中のパトカーから脱出を図り、再び逃亡。
 ロシアの大統領はこの時点で死んでいないと解るのだが(敢えて「死亡した」と同僚のテッドに言わせるのがクサイが)パトカーの警官を始め、たぶん相当数が怪我しているし、現実ならきっと死人も出ている。一般人は死んでも数には入らないのだ。

 そしてソルトは、船に乗り、どこかへ行くのだが、回想シーンがあり、明らかにソルトはロシアの工作員であったことが解る。
 ソルトが向かった先には、最初に亡命者としてやってきたオルロフがいる。彼がソルトこと、チェンコフに訓練を行ったのだ。
 彼らのアジトに向かったソルトは、目の前で夫のマイクを殺害されてしまうが、冷静に対処し、仲間として迎え入れられる。この辺りの展開は非常に速く、煩わしさがない。
 次の指令をオルロフに訊くが、オルロフはNATOの連絡員から次の指示があるとだけ言う。
 直後、ソルトはオルロフを殺害し、続けてアジトにいる仲間全てを殺し、NATOの連絡員が待つ飛行機に向かう。

 この時点で、ソルトの思惑が全く解らなくるのだ。
 ただ解らないとはいえ、物語の進行としてはおかしくないし、ある意味の予定調和ではある。

 飛行機に乗ったソルトは、昔一緒に学んだ仲間のシュナイダーから、次の目的が大統領暗殺であることを聞きく。そして最終的にそれを行うのがソルトの役割だと。
 ホワイトハウスの地下8階に司令室があり、そこに大統領を行かせるので,そこで暗殺するというのだが、今ひとつこの行はよく解らない。なぜそこに行かせるの?

 シュナイダーはNATOとホワイトハウスの連絡将校になりすまして何年も経つので、変装したソルトを随行員として一緒にホワイトハウスに連れて行くのだが、そこでシュナイダーは大統領に向かって発砲し、自爆する。
 思惑通り大統領は地下の司令室に向かうのだが、ここは、核戦争でも起こせる安全な司令室で、外からは入れないようになっている。

 ソルトは大統領の後を追うが、この時点でソルトの目的がどこにあるのか、実はよく解らない。
 つまり、大統領を暗殺するのが目的か、そうでないのか?

 エレベータを後から追い、ソルトが司令室へ侵入しようとしている間に、司令室に着いた大統領の下に、ロシアが大統領を暗殺されたために、ミサイル攻撃の準備をしているという知らせが入り、警戒レベルを上げ、アメリカ側もミサイル攻撃に入れるように準備を始める。
 ちょっとここに至る話がかなり強引だが、アクションはカッコイイので許すとしよう。
 なぜなら、ここで準備に入らないと話が先に進まないからだ。

 ソルトが進入しようとしていると知ったシークレットサービスが、外へ行こうとするとき、同行していたソルトの同僚テッドがいきなり銃を発砲し、そこにいた面々を殺し始める。
 彼は本名をニコライ・タルコフスキーというロシアの工作員だった。
 つまりソルトの仲間だということだ。

 彼の目的は、核を使ってテヘランとメッカを攻撃し、イスラム教徒の怒りをアメリカに向けようというのだ。

 これが本当の目的で、そのために大統領をここへ連れてこなくてはならなかったわけだ。でもそのことをソルトは知っていたのか?知らないところで聞かされていた節はない。ちょっとパラレルワールド。

 司令室を目の前にして中に入れないソルトが(この時点で、他のアメリカ人は、大統領も入れてみんな死んだか、気絶している、すごい!)テッドに中に入れてくれと頼むが、その瞬間にロシア大統領が実は死んでいなかったという報道が流れる。テッドは「やはりな」というが、どこまでソルトを疑っていたのだろう?
 それとは別に、テッドは事件の罪をソルトにかぶせるために、色々画策していたのだ。
 
 どうにか司令室に入ったソルトとテッドの闘いが始まり、上階からはピーボディをはじめとする部隊がなだれ込んできた。最後の瞬間に、核の発射を止めたソルトはそこで逮捕される。
 上の階へ向かう途中、ソルトは、隙を見てソルトを殺そうと待ち構えるテッドを、逆に手錠を使って首を絞め、殺害する。こういうシーンの描き方がなかなかいいので、ついだまされてしまう。

 ヘリコプターで護送されるソルトの前にピーボディ。ほとんど活躍しなかったこの男に、ソルトは事実を話すが、ソルトの目的が、彼女から全てを奪ったオルロフとその教え子たち全員を殺すことだと解る。
 教会で自分を殺せたのに殺さなかったソルトの言葉を信じたピーボディは、ヘリからポトマック川にソルトを逃がす。
 そしてソルトは森の中を走って逃げる。エンドロール。

 ということで、間違いなく続編があるはずという終わり方をする。

 さて、確かに面白かったが、実際彼女が何をしたかったのかが実はよく解らなくて、その最大の原因が実は夫とその死にあったらしいのだが、見る限りそこまでのモチベーションを感じない。
 また、彼女が大統領を追ったのが何のためだったのか、最初からテッド、あるいはロシアの工作員が大統領の側近にいると信じての行動だったのか、この辺りが今ひとつぴんと来ない。

 続編を考えての出し惜しみにしては、意外に全容は描かれている気がする。もちろん裏の裏とか、より巨大な陰謀とか、付け足して描くことも可能だし、そうすればきっと面白い作品ができるには違いない。

 エンターテインメントとしてはよくできているので、もう少し脚本を練って欲しかったというのが本音だ。
 面白い演出に後から説明を付けた感が否めないのだ。錯綜した話なので難しいのは解るが、そのためにソルトの人間性や性格も、ちょっとぼやけている。

 この前に観た「アルマゲドンコード」という映画があるのだが、こちらはロシアの作品で、有名な人はあまり出ていないが、話の展開に雑な部分はかなりあるが、ストーリー自体はちゃんとしているので、とても楽しく見れた。主役の女優のアクションもすごかったし。「ソルト」は。あまりどんでん返しばかり狙うと、どこかで話が破綻してしまうのだな、という典型の映画であった。

 褒めているのか貶しているのか解らないが、たぶん両方だ。面白いのでまた見ると思うが、やはりどこか不満を持つのだ。


 

 
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
スポンサーサイト
下フレーム
上フレーム

ら抜き言葉

 1月冒頭に何回か、書こうとして挫折し、下書き状態になっているものを削除し、さて気づいてみればもう2月10日、ずいぶん間が開いてしまった。そろそろ始動しよう。ということで、本年1発目。ブログ的には「あけおめ」状態だ。

 さて、mixiのニュースで取り上げられていた「教えて!goo」の「ら抜き言葉を直してもらいたい」というトピックをみての感想を少々。「教えて!goo」に質問者への回答として書くほどのことではないので、こちらで。

 かつて自分でも「国語のクイズという記事でちょっとだけ「ら抜き言葉」について触れているが、今でもその考え方は変わっていない。

 トピックの趣旨は、彼氏が「ら抜き言葉」を使うのが気持ち悪いし、父親も厳しいので、その前でそんな言葉を使ったら結婚を許可してもらえないのではという悩みに助言を求めたものだが。ポイントが「ら抜き言葉」と「このカップルの関係」の2点あって、賛否はそれぞれ出ている。

「ら抜き言葉」を使う人をこの人もそうだが、回答者の中にも「教養がない」という表現を使っているのが、実は少々気になった。

『教養』を辞書で牽くと


①教え育てること。
②(cultureイギリス・フランス・Bildungドイツ) 単なる学殖・多識とは異なり、一定の文化理想を体得し、それによって個人が身につけた創造的な理解力や知識。その内容は時代や民族の文化理念の変遷に応じて異なる
(広辞苑)

(1)おしえそだてること。「父は其子を―するの勤労を免かれ/民約論(徳)」
(2)社会人として必要な広い文化的な知識。また,それによって養われた品位。「―を身につける」
(3)〔英 culture; (ドイツ) Bildung〕
単なる知識ではなく,人間がその素質を精神的・全人的に開化・発展させるために学び養われる学問や芸術など。
(三省堂国語辞典)

人間の精神を豊かにし、高等円満な人格を養い育てていく努力、およびその成果をさす。とかく専門的な知識や特定の職業に限定されやすいわれわれの精神を、広く学問、芸術、宗教などに接して全面的に発達させ、全体的、調和的人間になることが教養人の理想である。教養はとくに専門的、職業的知識を意識した場合、「一般教養」と表現されることがある。教養ということばの原語である英語やフランス語のcultureがラテン語のcultura(耕作)からきていることからわかるように、土地を耕して作物を育てる意味だったものを「心の耕作」に転義させて、人間の精神を耕すことが教養であると解されている。その「心の耕作」cultura animiという表現を初めて用いたのは古代ローマのキケロである。
〈諏訪内敬司〉
(スーパー・ニッポニカ 日本大百科全書:一部抜粋)


とある。まあ、「ら抜き」言葉一つで無教養と思われるとしたら、なかなか辛いことだ。
 ただ、こういう場合もそうだが、他人に対して教養がないというような表現を使う場合は、非常に気をつけるべきだと思う。時代と共に生き方や考え方はどんどん多様化していくし、正しさと間違えを分ける分水嶺もとても低くなっている気がするからだ。自分の意見だとして述べるのであれば、相手を貶める表現ではなく、相手を尊重しながら言う方がいいと言うことだ。

 このトピ主が「ら抜き言葉」を受け付けられず困っていることだけを素直に書けば、反論は半分くらいで済んだのではないかと思えるからだ。「教養」という言葉を使ったり、どんな教育を受けてきたらこうなるのかのような表現が反感を呼んでいるに違いない。元々こういう表現は、その意思がなくても上から目線に見えるので、いかにあとで弁解してもその印象はぬぐえない。
 感情の問題は仕方がないので、「あなたのその表現は、私は耐えられない」と言うことであれば、結婚を考えようかという相手の気持ちは尊重してくれる場合が多いと思う。逆にそこで尊重しないという人であれば、前途が思いやられる。

 ただ一つ思うのは「食べれる、見れる」は仕方ないが、「信じれる」「耐えれる」「感じれる」は理解しがたいという行だ。これって、その人が単に耳や目にした回数に依存していないだろうか?ということである。あるいは、どれだけの人が、誰が使っているかという情報に左右されてはいないかということで、だとすれば、時間が経てば解消することではないか?ということである。

 先日、雑誌にちょっと記事を書き、その中で私は原稿に「当に好適の一冊」という表現を使ったのだが、実際には「本当に最適の一冊」と印刷されていた。意味は変わらないので「まさに」がいけなかったのか「こうてき」がいけなかったのか、いずれにしても一般的な表現ではないと思われたから変えられたのだろうが、あるいはこうやって言葉は消えていくのかな、と思った一瞬だった。
 友人にその話をしたとき、「こうてきってどういう意味」といわれたときにはその感をより深くした。
 仮にこの言葉が「古語」になるにしてもそれはだいぶ先の話で、でもいずれはそうなるのかもしれないわけだ。

 ただそれとは別に、過渡期というのはなかなか難しいもので、例えば言葉であれば、これまで無かった用法は「間違い」というレッテルを一時期貼られ、それが生き延びて定着すれば「新しい用法」に、消えてしまえば、一過性の言葉(場合によっては流行語)となるのだろう。
 伝統や習わしなどは、経過年数の長さだけで尊重されることも多い。尊重すること自体が悪いわけでは決してないが、そこから外れる者を排斥するのは簡単だが必ずしもいいことではない(状況によっては正しい場合もあるだろうが)。
 言葉も実はこの伝統に則っているので「文法」はその用法を使いやすくまとめたものに過ぎないので、文法に外れることが「間違い」なわけではない。許容していくのも一つのありようである。

 但し感性の問題は、できるだけ被害者に合わせていった方がよい。
 ら抜き言葉が苦手な相手にはそれを使わない、そばをすする音が苦手な相手の前では、なるべく音を立てないで食べる、などだ。ら抜き言葉や食事時の音に慣れさせるよりも、人として優しくあれる方が私は好きだ。

 
 

ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

年の暮れ

 今年も一年が終わる。とはいえ、明日はいつでも明日なので、12月31日の翌日になると言うだけには違いない。

 人はこういう区切りや記念日など、何かのエポックをもって何かを変えたり、新たな道に進んだり、変化のモチベーションにすることが多い。走り幅跳びの踏切線みたいなもので、勢いを付けるにはいいのだ。

 普段の日に「さあやろう」と思うよりも、変化に勢いが付きそうな気がするではないか。

 問題は、その気分なのであり、その結果必ずしも目的は達成されないかもしれないけど、幾分達成されることもある。本当は、是が非でもやるんだという気持ちが大切だという人もあろう。

 それも一つの真理ではあると思うが、この世界には70億に迫る人が生きている。

 その70億人が同じ生き方、同じ考え方をするなどと言うのは所詮無理なことで、たまたまこの間何かで聴いたモーニング娘。の曲で(今時!)みんながかわいかったら、平凡みたいな歌があった。
 
 同様に、皆が同じようにできないからこそ、この世は成り立っているのだ。

 それは記録や結果だけの話ではなく、ものの考え方や生き方もそうだ。

 もちろんよりよい生き方や、より幸福な生活を望み、それに向かって努力することは、どんな場合でも大切だし、いいことでもある。でも一様に、これが正しいという風に決めることなど、どだい無理なことだ。

 A地点からB地点まで行く方法は、最短は一つかもしれないが、多くのルートがある。どれをとるかも、あるいはB地点に行かないという選択肢も含めて、決めていくこと、そしてそれに自ら責任を持っていくことが個人主義というものだ。

 その中で、他を認めていくということがしかし実は、より正しい個人主義なのであって、必ずしも自己を主張するだけのことではない。

 そう、世の中全てバランスだ。人が生きていられるのも、空気中の元素の絶妙なバランスかもしれないし、バランスの取れた、いい1年にするために、踏切線を踏まないように気をつけて、来年はジャンプしたいものだと思う。

 今年お世話になった全ての方、取引先も友人も、宅配で顔を合わせただけのお兄さんたちや、レジで笑顔をくれたおばさんたちにも、今年かかわったあらゆる方々に、「ありがとうございました」。そして、来るべき年も、是非よろしくお願い致します。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

時をかける少女

 仲里依紗主演による映画「時をかける少女」を観た。もちろんDVDだが。

「時をかける少女」に関しては、最初の出会いはNHKの少年ドラマシリーズ、島田淳子主演の作品だった。熱中して観た。私自身は当時、中学1年だった。筒井康隆による原作、「時をかける少女」も購入して読んだ。今でも持っているが少年少女向けの、新書よりちょっと大判で出ていたSFシリーズの1冊だった。
 原作とドラマは少し違っていたが、こちらも楽しく読んだ。
 半年後には続編も放送され、こちらもとても面白かった記憶がある。尤も、内容は全く覚えていない。

 ウィキペディアを見るとこの作品、実にたくさん映像化されている。
 時系列でいえば、上記の72年のNHKドラマのあと
 1983年 原田知世主演 映画
 1985年 南野陽子主演 TVドラマ
 1994年 内田有紀主演 TVドラマ
 1997年 中本奈奈主演 映画
 2006年 仲里依紗(声)主演 アニメ映画
 そして2010年 仲里依紗主演 映画

 と、NHKを2本と数えれば、なんと8回だ。面白いのは、このうちの3回は原作の世界の続編的位置づけであるということだ。NHKは当に「続・タイムトラベラー」というタイトルだったし、アニメ作品はかつての主人公芳山和子の姪という設定らしい。
 そして今回の仲里依紗は芳山和子の娘だった。

 実際のところ、最初の2作品は、細かい部分に関して記憶も曖昧だ。一時期Youtubeに上がっていた最終話を見ると、こんな最終回だったかなと思えるくらい、記憶にない。現在はYoutubeで見ることができないが、どういう理由で削除されたのか、こういう映像こそ、Youtubeで公開すればいいので、NHKの著作権を理由に削除されたなどという理由だとしたら、受信料を払いたくなくなる。理由を知らないので、あくまで憶測だが。

 さて、残りの作品の中で見たことがあるのは、角川映画の原田知世版だけだ。何でも自分のノスタルジーと同化させてしまう、当時の大林宣彦によって作られた、全く緊張感のない映画は、まだタイムトラベラーの記憶が鮮明だったであろう当時の私にとっては、駄作以外の何物でもなかった。
 原田知世は嫌いじゃないが、作品としては泣けてきた。「転校生」「さびしんぼう」と併せて尾道三部作といわれているようだが、「転校生」は悪くない。

 残りの2本のドラマは観ていないか、観たかもしれないが忘れてしまった。97年の映画に至っては、全く存在を知らなかった。その後の2作に関しては脚本がオリジナルなので、過去の作品と同列に扱うことはできないが、2006年のはアニメであるという理由で観ていないが、今度レンタルしてみようと思う。

 なぜかといえば、今回の仲里依紗の演技が非常に良かったからだ。

 今回の「時をかける少女」は、医学部に進んだかつての主人公芳山和子が、自らの手でタイムトラベルの薬を開発し、かつての深町一夫(ケン・ソゴル)に逢いに行こうとしたのだが、事故に遭い、代わりに娘のあいかがその役割を果たすために70年代にタイムトラベルするという話だ。

 そもそも芳山和子にいつ記憶が戻り、どれほど重要なことを伝えに行くはずだったのかとか、元々それほどしっかり描かれているわけでもないタイムパラドックスや、都合が悪い部分はさっさと記憶を消してはいさよならという設定の部分は、原作ですらきちんとしているわけでもなく、そこを描くのが主眼でもないはずなので、敢えて問わない。

 だがそれを越えて、今回の作品はドラマとしてよくできていて、みて良かったと感じさせてくれた。主役の二人、仲里依紗と中尾明慶の演技が良かったこともあるが、脚本も構成も良かった。
 最後をどう見せるかは、こういう作品では非常に難しいし、今回も必ずしも成功しているとは言い難いが、ではどういうラストならいいのかということになると、これは非常に難しく、どういうラストにしても不満が残るに違いないと思う。だが作品の性質上やむを得ないと思う。

 かつてこういう恋愛タイムトラベルものの中では、「ぼくの彼女はサイボーグ」はよくできたラストだった。

 昔の「時をかける少女」を知っていた方がより楽しめるし、そのためには原田知世の作品を観ておいた方がいいのだが(もちろんこの映画の続編というわけでは全くないが)、単体でも楽しめると思う。
 仲里依紗という名前は、なんと読むのかなと思っていたが、「なか りいさ」と読むらしい。「マイボスマイヒーロー」にも出ていたのか!知らなかった。









ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

全編Flashのホームページ

 ほとんどテキストが無くFlashだけで構成されたホームページというのがある。著名な映画のオフィシャルページなどは多くがこのスタイルを取っていてカッコイイ。スタイリッシュだし、デザイン優先のホームページもできる。
 SEOのことを考えると、フルFLASHというのは、正直まだいいとは思えない。映画などの、ほとんど固有名詞に近いサイトの場合は意図的に上位に行くようにも思えるので問題はないし、検索する側も目的がしっかりしているので、これまた問題ない。

 だが一般のサイトがこれをやると、なかなか難しいこといなる。使うならテキストをしっかり別に用意して、ということだ。

 先日、パリのBon Marcheという百貨店のホームページを見たのだが、ここがフルFLASHサイトだ。
 (Marcheのeにはアクサンテギュがつく)
 カッコイイが使いにくい。デザイナーはいいと思っているに違いないが、イメージ戦略上は成功していないと言えないこともないが、ホームページとしては決していい物ではないと思う。もちろんこれも個人差があるので、断言はしないが、ホームページは料理と同じで、見栄えも大切だが本来は味で勝負なのだと思う。

 しかもここはフランス語のサイトなので、Googleの翻訳バーが翻訳してくれるはずなのだが、FLASHなので全く反応しない。ただしここには日本語のページがあるので、一応は解る。それでも日本語のページに行くためには
「Le Bon Marche Rive Gauche」というところをクリックせねばならず、結果試行錯誤が必要だ。
 尤も、この翻訳に関してはFLASHだけでなく画像ばかりで構成されたページも同じだ。
 こちらも基本はデザイン優先の結果、より綺麗な字体で見せたいなどの意図がある。

 いずれは画像やFLASHなどにも検索用の文字埋め込みなどの技術が出てくるかしもしれないが、SPAMの危険もあるので簡単にはいかないだろう。

 検索(SEO)や翻訳(日本のページだって外国人が見ないとは限らない)、使い勝手といった意味で、FLASHも画像も、上手くバランスを取って展開すべきだ。何事もデザイン優先され、なおかつ知名度もそこそこある企業は別だが、一般的な企業は、そこを間違えると、思っているほどの効果が得られないものだ。

 あくまで利用者あってのホームページだし、ぱっと見がいいだけでは決していいホームページではないということが、改めてこういうところを見ると解る。

 といっても、見栄えも重要なんですけどね
 

 
 
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール
あの社長
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示


リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。