FC2ブログ
上フレーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

全編Flashのホームページ

 ほとんどテキストが無くFlashだけで構成されたホームページというのがある。著名な映画のオフィシャルページなどは多くがこのスタイルを取っていてカッコイイ。スタイリッシュだし、デザイン優先のホームページもできる。
 SEOのことを考えると、フルFLASHというのは、正直まだいいとは思えない。映画などの、ほとんど固有名詞に近いサイトの場合は意図的に上位に行くようにも思えるので問題はないし、検索する側も目的がしっかりしているので、これまた問題ない。

 だが一般のサイトがこれをやると、なかなか難しいこといなる。使うならテキストをしっかり別に用意して、ということだ。

 先日、パリのBon Marcheという百貨店のホームページを見たのだが、ここがフルFLASHサイトだ。
 (Marcheのeにはアクサンテギュがつく)
 カッコイイが使いにくい。デザイナーはいいと思っているに違いないが、イメージ戦略上は成功していないと言えないこともないが、ホームページとしては決していい物ではないと思う。もちろんこれも個人差があるので、断言はしないが、ホームページは料理と同じで、見栄えも大切だが本来は味で勝負なのだと思う。

 しかもここはフランス語のサイトなので、Googleの翻訳バーが翻訳してくれるはずなのだが、FLASHなので全く反応しない。ただしここには日本語のページがあるので、一応は解る。それでも日本語のページに行くためには
「Le Bon Marche Rive Gauche」というところをクリックせねばならず、結果試行錯誤が必要だ。
 尤も、この翻訳に関してはFLASHだけでなく画像ばかりで構成されたページも同じだ。
 こちらも基本はデザイン優先の結果、より綺麗な字体で見せたいなどの意図がある。

 いずれは画像やFLASHなどにも検索用の文字埋め込みなどの技術が出てくるかしもしれないが、SPAMの危険もあるので簡単にはいかないだろう。

 検索(SEO)や翻訳(日本のページだって外国人が見ないとは限らない)、使い勝手といった意味で、FLASHも画像も、上手くバランスを取って展開すべきだ。何事もデザイン優先され、なおかつ知名度もそこそこある企業は別だが、一般的な企業は、そこを間違えると、思っているほどの効果が得られないものだ。

 あくまで利用者あってのホームページだし、ぱっと見がいいだけでは決していいホームページではないということが、改めてこういうところを見ると解る。

 といっても、見栄えも重要なんですけどね
 

 
 
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
スポンサーサイト
下フレーム
上フレーム

TAG <index>

 HTMLを自分で書く場合、あるいはソフトで書いたものをテキスト・エディタなどで修正する場合、HTMLのタグの知識は、スタイルシートの知識と共に不可欠だが、では全てのタグを覚えているかというと、その要素まで含めて全部覚えている人問のは、よっぽど自分でホームページのコーディングを毎日していない限り、そう多くはないだろう。
 スタイルシートについては尚更である。

 本を買ってもいいが、そんなときに役に立つのが、HTMLを紹介してくれているサイトである。

 TAG <index>

 は、そんな中でも見やすく、最も使いやすいサイトの一つである。

 文字コードを変換してくれるツールなども便利である。
 
 ここをじっくり読めば、普通にホームページがソフトウェアの手助け無しでもできるようになるだろう。
 とはいえ、それをするのはめんどくさいだろうから、そういう方は、是非弊社にご用命を!

 何て宣伝をしたりして。

 こういうサイトは基本的なところを学ぶのに適しているが、今後も、お役立ちサイトを順次ご紹介していきたい。今日のはジャブだな。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

Fotolia

 Webの仕事をしていると、素材写真や画像が必要になるのは日常茶飯だ。
 自分で撮る、作るということもあるが、もう少しクオリティの高いものをとなると、素材サイトを利用することになる。雑誌やテレビでも利用するような大手のサイトは、料金も高く、その上使用期間の制限もあって、ちょっとしたWebサイトの制作には不向きだ。

 素材辞典のようなCDなどで購入するものを一番利用することが多いが、なんとなくどこかで見た画像という感じになるので、細菌は利用を制限している。

 今回タイトルに書いたフォトリアというサイトは、アメリカの会社だが、インターナショナルに展開していて、もちろん日本向けのサイトもある。

Fotolia

 ここはもちろん無料ではないが、購入した素材を、ロイヤリティフリー(著作権料無料)で利用できる。つまり、購入した後の利用方法については、基本何も言わないし、ずっと使って構いませんというものだ。
 サイトに113円からと書いてあるが、実際にはそこまで安いわけではない。これは、素材を買うときに支払う単価、「クレジット」を一定額以上買ったときの、1クレジットが113円になるということで、私たちのような業者はいいが、個人でちょっと使ってみようとすると、もうちょっと高い。

 それでも180円という単価から使える。ウェブでの実用的なサイズということになれば、500~1000円で手に入るので非常にリーズナブルだと思う。

 海外のサイトなので、例えば人物画像は外国人の方が多いが、素材総数が今日現在で、写真が890万点、イラストが116万点とあるので、探せば何か出てきそうだ。

 何でもかんでも高い金を取るのではなく、広く浅くという時代なのだと、ここでも感じる。芸術とは別の使い道なので、むしろこの方がありがたい。いい時代になった。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

いいホームページ

 いいホームページという前に、ホームページとは何だろう?こういうときにウィキペディアは役に立つ。


1. ウェブブラウザの用語で、ブラウザを起動した時や、多くのブラウザに存在するホームボタンを押した時に表示されるウェブページ。
2. インターネットの用語で、ウェブサイトの入り口、最上位階層にあたるページ。
3. ウェブページの意。あらゆるウェブページ一般を指す。
4. ウェブサイト全体を指す意味として。
5. さらに飛躍してWWW、あるいはインターネットのシステムそのものの意。
6. 個人が運営するウェブサイト(通常、ブログは含まない)。
7. 企業・団体が運営する公式ウェブサイト(オフィシャル・サイト)。公式ホームページとも。




 言葉は必ず一つに一つの意味とは決まっていない。ホームページというとき、私たちは上記のそれぞれの意味を使い分けているように思う。今回、いいホームページと言ったのは、主に4の意味だが、3も含んでいる。

 端的に言おう、いいホームページとは、見た人間が使いやすく、理解しやすいページだ。

 もちろん他にもいくつかの軸があるし、デザインの美しいページはそれだけで優れたページの一つである。あるいは情報量が多く、詳細なページもいいページかもしれない。変わったいい方をすれば、訪問者が多いページはいいページだ、といういい方もできなくはない。

 その上で、敢えて私たちは「見た人間が使いやすく、理解しやすいページ」と言う。

 こういう仕事をしていると(ホームページの制作やらなにやらだが)、様々なホームページを見、様々な思いを持つ。だが、見るときは一訪問者であるので、様々な要望を持つ。

 一つの例が例えばYahoo!ニュースやGoogleニュースで、ゴルフのニュースを見たとしよう。「石川遼が何ホールでイーグル」でも何でもいい、速報、あるいは結果でもいいが、そのニュースを見たとき、では他の選手のスコアはどうなっているのか?あるいは、今日ここまでの流れはどうなっているのか?などをちょっと知りたいと思う。
 だが、そこから公式サイトへのリンクもなければ、そういった情報は書いてない。ただし、過去の関連ニュースへのリンクだけはある。これではせっかく利用しているニュースでも不完全と言わざるをえない。紙の新聞ならいざ知らず、何のためのネットだろう。

 この辺りは別の事情もある可能性があるのだが、実はこういうところにヒントがある。

 作る側が出したいものと、見る側が欲しているものは必ずしも一致しないのだ。あるいはどこをどういう形で見たいのか、それを探り同時に何を見せたいのかを考える。このバランスが大切である。どんなにすばらしい情報がすばらしい表現で書かれていても、その文章にたどり着けなくては意味はないし、どんなに美しくても、求めているものがなければ、ただのきれいな絵に過ぎない。

 もちろん世の中には大変多くの人がいるので、その嗜好や要求の全てを満たすことなどは端から不可能だが、最大公約数を目指すことは不可能ではない。
 多く成功しているサイトは、そういう面でも優れている場合が多い。
 ホームページもエンターテインメントや食べ物などと同じで、客から評価されてナンボのものである。

 買って欲しければ買いたい物を作れ、これが鉄則である。これは迎合と言うことではないが、逆ないい方をすれば、いい迎合こそがいい物を産むのだ。必要は発明の母はまさに至言である。

 私たちはそういう視点でお客様のホームページを制作している。
 場合によってすぐ効果が出ない場合もあるが、多くはこういう方向性がいい結果を生んでいる。
 私たちの成功は、お客様の満足にかかっているし、そのお客様は、さらにその先のお客様の満足で成功を得るからである。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

ブログ

 別に、決まりな訳ではない。しかも今日は祭日。

 何となく、毎日このブログを書くぞと意気込み、2週間弱で挫折するのはさすがに悔しい。もろもろの事情でできないと言うことであれば諦めもつくが、時間はあったので、そういう妥協もしたくない。
 ということで、悔し紛れに、こんなものを書いている。

 人生において「継続は力」という言葉は、子供の頃からいやというほど聴かされる。そんなことはよく解っているし、できれば苦労しないと、昔から思っていた。

 人間には必ず能力の差というものがある。世界で一番遅い人間と、世界で一番速い人間が必ずいるのと同様、勉強であれ、仕事であれ、同じことだ。継続できるか否かも、できる人がいるのと同様、苦手な人がいる。

 別に言い訳を書いているわけではないのだが、世の中は、誰でも同じように努力すれば同じ結果が帰ってくような錯覚を持っている人もいるような気がする。つまりは、継続も、できる人とできない人、というより苦手な人がいるのだ。

 だからこそ、毎日書くという枷をはめたのだが、こんな枷はいつか外れることは承知の上だ。それでも1日でも先に延ばすことが、なおかつ苦手な努力というものに対する、私の今回のスタンスだ。

 ということで、今日も書けたー(^O^)(顔文字なんか使ってみたりして)

 うむ。継続は力だな。

ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール
あの社長
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示


リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。