FC2ブログ
上フレーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

サンシャインタウン

 mixiのアプリに「サンシャインタウン」というのがあり、それをやっている。
 シムシティの限りなく簡単なやつみたいな感じだと思う(残念ながらシムシティをやっとことがないのだが)。

 スタッフというのをいろいろな職業で働かせ、街を大きくしていくものだ。スタッフは一定時間働くと収益を上げ、そのお金で家を買うと人口が増え、一定人口になるとスタッフを増やせるという仕組みだ。しかし、人口を増やすと、彼らの満足度が下がり、新しい家が買えない。そこで、稼いだ金は家だけではなく、町の人の満足度を上げるためのデコレーションというのを購入するためにも使うことになる。
 家やデコレーションを購入し街に置くと、面積が足りなくなるが、それらの様々な行為によって、ゲームの王道である経験値が貯まっており、一定の経験値をクリアすると、土地を広げることができる。

 と、単なるこの繰り返しのゲームだ。

 ただ、人生でも人間は同じようなことをやって一生を送っているわけで、いわば、人生の縮図のようなものだ。

 さて、ときどきイベントがあったりするのだが、10月にはハロウィンがあり、今回はクリスマスだ。その時期に、特別な働き場が与えられ、ハロウィンの時はお城で、今回はおもちゃ工場だ。
 これらの職場は、通常と違って割がいい。短時間でたくさん稼げるようになっている。

 今回、ハロウィンの時になはなかった縛りがあって、そこで働かせることができるのはマイミクスタッフなのだ。

 マイミクとはもちろん、ツィッターのフォロワーみたいなもので、自分の友達として登録している知人や、mixiの中で知り合って登録した人たちのことだ。詳しくは知らないが、たくさんいる方は何百人もいるのかもしれない。
 残念ながら、私の場合は非常に少ない。mixi自体、日記も書いていないし、ただ参加しているだけで、マイミクを増やすつもりはほとんど無い。ただ、相手から言われたとき断る理由もないので、断りはしないが、先方にとって、何もアクションを起こさないマイミクが、あまり意味があるとも思えない。

 さて、そんなわけで、私は今回の職場でわずか2人のスタッフしか働かせることができない。残念。

 でここからが本題。

 世の若い人たち、あるいは子供たちは、友達の人数の多寡で幸せを計る傾向があるようなことを、前にテレビで見た。
 もちろん、友達が多いことが悪いはずもない。だが、友達が多いことが=幸せであることも、必ずしも言えないのではないだろうか。何人以上が多くて、何人以下が少ないというのも極めて曖昧な話ではあるが、友達が少ないことを思って落ち込んだりしている人がいるとすれば、悲しいことだ。

 自分自身、友達が多いのか少ないのかよく解らないが、友の価値というのは人数で割りきれるものではない。また、深いつきあいかどうかと言う単純なものでもない。
 メロスの友情を信じて待つ友の情景は、美しいかもしれないし、すばらしいことかもしれない。だが、何事によらず、人生の価値というのは、一つ一つの物事の切り口だけで決まるわけでもなく、時代や国、あるいは一人一人の感性や考え方によって決まるものである。

 我々は得てして、社会通念という言葉で、あたかもこのことはこうあるべきだという、言われなき縛りに縛られることがよくある。もちろん、社会が人の集団であるなら、自ずとそこにルールはある。多くのルールは守られるべきであり、そこから逸脱した場合、裁判で裁かれることもあるだろう。

 だが、例えば友達の価値とか、愛の形、生活のやり方など個々人に許されるべきことが、意外に多くを社会によって縛られていることが多い。

 極端な例を挙げれば(ここで極端というのは誤解があるといけないのでこの話をするときにその話題か?という意味であり、ことが極端であるという意味ではない)、同性愛というのは、現代にあってさえ、なかなか多くの人から拒否反応を持って迎えられる場合が多いと思う。
 だが、同性愛であることが、社会通念上おかしいとしても、それは人の人生に於いては許されるべきではないのか、と私は思う。もちろん、宗教的な心情から許さない人も多いと思うし、それに関しては相手が宗教なので、立ち向かう言葉を知らない。

 だが一般的に言って、同性しか愛せない人たちがお互いに愛し合ったら、それで一生を送ることが、そうでない人にとってどんな不都合を生じさせているのだろう?生物学的に見て子孫が増えないのだという論理は、この際、そもそもの同性愛を認めない人にとっての論拠であるとは思っていないので、意味はほとんど無い。

 少なからずそれは、その人たちが持つ感情や思想的な嫌悪感などに起因しているだけだ。

 ではその嫌悪感をどうしてくれる、という理屈もまた、この世からあらゆる人が嫌悪するものを、片っ端から消していったらどんな世の中になるかを考えれば自ずと解ることだ。ゴミ屋敷の隣に住むというのとは次元が違う。
 だが、どう違うのだと尋ねられれば、私は、その違いが例を挙げるだけで理解されないことの方が悲しい気がする。

 いわばこういった、寛容と理解がどの程度あるかが、人類の進化の度合いを測るバロメーターなのではないかとさえ思える。自分と他人が違う人生を歩んでおり、可能な限り認め合うことからしか、平和は生まれてこないのだと言うことだ。

 サンシャインタウンのマイミクしか使えない設定というのが、実は友が少なくて悩んでいる人たちへの、意外に心に踏み込む刃物になりかねないのだと言うことを、ふと思った。

 かつて私は、自分の女好きをジョークにするために、「ホモに人権はない」と言わないでいいことを、全然ゲイではない人物に言ったことがある。実際にそんなことを思っているわけでもないし、単なる軽口以上のことではない。だが今では深く反省している。
 冗談でも、軽口でも人を傷つけるのは難しいことではない。そして冗談だから、でいつでも許されるわけでもないのだ。

 いじめで自殺する子供もいる。
 社会が守れるとしたら、やはり絶えず、人を思いやる気持ちをまず大人が持ち、子供にも教えていくしかない。今の大人たちは、どれほどがもてているだろうか?

 人が人に寛容であり優しい態度で接することが第一の社会通念として存在できる未来が来ることを、私は信じたい。

 
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
スポンサーサイト
下フレーム
上フレーム

番組中のテロップ

 mixiのニュースを見ていてみつけたのだが、NHKの龍馬伝、最終回の暗殺場面に愛媛県知事の投票結果のテロップが流れて顰蹙を買っているという趣旨の記事だ。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20101129/enn1011291251009-n1.htm

 地震速報やら大きな天災や事故、事件の速報など、緊急性を必要とする場面でのテレビのテロップは、むしろ必要だと思うが、選挙結果や裁判の判決など、敢えて速報性がないものに関して、テレビが速報で流すのはなぜなのだろう?ただし、CM中に見たことは全くないのだが。

 言ってみればテレビ局などは、基本的に視聴者第一ではないと言うことなのだろう。あるいは、視聴者が望んでいることを実はくみ取れていないと言うことでもある。

 幕末と福山雅治のどちらにも興味がない私としては、実際に観ていないのでなんだが、記事にあるように、暗殺シーンを外れていれば良かったのか?という気はする。番組が終わった後で十分間に合う情報だし、その数十分が誰かに大きな影響を与える情報でもない。
 
 観ている側にそれが不快感を与えることを、まさかテレビ局の人間が知らないはずもないし、知らなかったとすれば、なんたる無知っぷりかと言わざるをえない。
 
 北朝鮮が爆弾を放ったなどというニュースは、番組を中断しても伝えるべき内容かもしれないが、それらのニュースの即時性をテレビ局は何か勘違いしてるとしか思えない。

 これは、ニュースのテロップばかりではない。たまに昼間の番組を観ていたりすると、笑えるように夜の番組の紹介を流し続けていたりする。昼の番組の視聴率と、ほぼ再放送と言うことを考えると、あまり文句を言う人も少ないのだとは思うが、少なくとも観ている人間の気持ちなどは考えていないだろうことは判る。

 視聴者のことは考えなくても、CM中にそういうことをしないというのは、スポンサーのことは考えているのだな、ということも解る。だが大事なのは、スポンサーの先にいる消費者で、それは視聴者と同じ人たちであることを、テレビ局もスポンサーも、たぶんあまり考えていないのだろう。考えていたとしても、あまりそうは見えない。

 増して今回はNHK、スポンサーはすなわちそのまま視聴者なのだけれど、たぶん、視聴者は全員。愛媛県知事選挙の動向が気になって仕方がないと思ったんだろうな。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

男性の言葉づかいが乱暴だと思う瞬間9パターン・・・という記事

 というのを読んだ。

http://www.sugoren.com/report/post_1102.php

羅列すると、以下のようなことらしい。

【1】自分のことを「おまえ」「あんた」と呼ばれたとき
【2】お金のことを「金(カネ)」と言っているとき
【3】友達同士で冗談で「ぶん殴るぞ」と言っているとき
【4】会話中に女性のことを「女(おんな)」と表現しているとき
【5】お尻のことを「ケツ」と言うとき
【6】話しかけたら「うっせー!」と言われたとき
【7】ミスをしたとき「ふざけんな」と言われたとき
【8】女性のことを「バカ」と言うとき
【9】「来いよ」「食えよ」など、命令口調で話されるとき

 女性が感じる男が乱暴だと思う言葉遣いということで、男性自身がどう思うかとは関係がない。
 あまり自分には当てはまる部分は少ないが、時には使うこともあるだろう。

 話し言葉というのは、言葉遣いと同時に、口調やイントネーションなど、様々な要素で印象が決まる。
 例えば、9番、キムタクが言えば、なんとなく格好良かったりするのかもしれない。
 
 相手にもよるし、場合にもよる。いわばTPOなのだろう。
 私はあまりこのTPOという言葉が好きではないのだが(何か見えない枠で規定されている感じがぬぐえないので)、理屈としては時と場所、場合をわきまえることが重要であることはよく解る。

 言葉遣いなどは特にそうで、「相手」という要素も加わる。ただ、自分の家族や、部下、後輩だからといって、ぞんざいで、自分よりも少しでも早く生まれたら丁寧みたいなのは、おかしな話だ。基本はどんな相手でも、どんなに年下だろうが目上だろうが、敬意を持って接し、その中で言葉が崩れていくというのが理想ではないだろうか。

 政治家に「先生」と言っているようじゃ、日本の敬意も形だけかもしれない。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

尖閣諸島付近における漁船衝突事故のビデオ

 というタイトルで、今更と思われる方も多いかもしれない。

 ちょっと気になったので。

 つまり、今回海上保安庁の保安官が・・・・関係ないがこの保安官というのも、何度聞いても西部劇を想起する。・・・YouTubeに流出させたものは直後に削除されたようだが、今でもそのコピーを見ることは可能だ。いって見れば、世界の人が見たことになる。

 さて、国会でも改めてこの映像を公開する要求がでているようだが、改めて公開する意味と、国の公開っていうのはいったいどういう形でなされるのかということが気になった。
 まさか政府がYouTubeで流すほど気が利いているとは思えないし、ましてやニコニコ動画ということはないだろう。

 となれば、政府か海上保安庁のホームページと言うことになるのだろうか?
 マスコミにDVDを配るだけということもないだろう。

 ネットに出されたコンテンツは、誰にもコピーできない様にするというのはまず不可能だから、見せる以上はコピーされることが前提である。よく右クリック禁止とか、プリントスクリーンでさえできないような処理をしているホームページがある。それはそれでいいし、否定するものではないが、実際は焼け石に水というか、全てを防げないということは判ってすべきだと思う。

 今回、テレビでもたくさん流されたし(ほんの一部だが)、ネットでも未だに見ることができる。
 改めて公開とかいう話よりも、国会でやるべきことはもっとあると思うのだが。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

中国でヌード結婚写真がブーム?

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=46989

 当にタイトル通りの内容のニュースだが、記事は短いので、全文を引用しておく。

 2010年11月12日、AFP通信は記事「ヌード結婚写真を禁止に、中国で呼びかけ」を掲載した。ヌード結婚写真は今、中国の若いカップルの間で人気となっている。

上海日報によると、上海ウエディング業界協会は、ヌード結婚写真撮影はみだらな習慣だとして政府に禁止令を出すよう呼びかけている。同協会の何麗娜(ホー・リーナー)副会長は「我々はこの種の結婚写真を薦めていない。中国人の伝統的結婚習慣とは異なるものだ」と話し、「結婚式は神聖な儀式であるべき。若者が伝統的な習慣を重んじることを願っている」と強調した。

中国の結婚写真は欧米とは異なり、式の数カ月前に撮影されることが多い。ウエディングドレスを着る場合もあれば、中国の伝統衣装を着るケースもある。報道によると、一部の写真店は完全なヌード、または何かしらの道具で体の一部を隠しただけの写真を撮影するサービスを請け負っているという。(翻訳・編集/KT)



 どんな結婚式をしたいのかは、他人に迷惑を及ぼさない限り当人たちの自由であると思うし、その中にヌード撮影が含まれるのであれば、勝手にしてくれというのが、ある意味日本人の平均的感覚ではないかな?と思っているのが、実は人と違っていたりする・・・ということを危惧したりするが、どうなのだろう。

 ただ、ここで上海の結婚協会の人が言っている「結婚式は神聖な儀式であるべき。若者が伝統的な習慣を重んじることを願っている」という部分は、意外に世界的な世論に近いのではないだろうか。
 
 個人的には「伝統とは怠惰のことだ」といったというマーラーの言葉が好きだが(好きというだけで、そのままそうだと思っているわけではない)、伝統というのは、ある意味長く習慣的に行われてきたこと以上の意味はないと思っている。であれば、これからも長く続けてもいいし、やめてもいいという、いわば「伝統だから守らなくてはいけない」ということの根拠がどこにあるのか、私にはよく解らない。繰り返し書くが(誤解されるといやなので)、伝統を破壊しろというスタンスは持っていない。あくまで、伝統を守る守らないは、そのときその場にいる人が判断すべきという立場だ。

 そういう意味で、結婚が「神聖」かどうかというのは、正直個人的には、そんなことはないと思っているが、キリスト教圏、イスラム教圏などではまた話は違うのかもしれない。そもそも「神聖」という言葉は、宗教と無関係ではないからだ。
 で、本当に「神聖」なのであれば、まあ、裸がよろしくないというのは、多くの宗教観の当然の帰着であると思う。だが結婚を、当人同士、あるいは家同士の単なる祝い事と捉えるなら、記念の裸ぐらいいいじゃないかとなりそうだ。

 いずれにしても、こういうニュースを見るとき、中国という国が、新旧の文化が当に入り交じったお国柄なのだなということを思わせる。
 
 少なくとも、これだけイベントや楽しみの多い時代に、結婚式が村の一大エポックだった時代のままに大きなイベントとして捉えなくてはならない必然性だけはない。結婚式を、「人生最大のイベント」とか、「人生最良の時」とかいわれると、ひねくれた私は悲しくなる。その幸せな時間こそ、今後の人生の最も幸せではないときであるべきではないか。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール
あの社長
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示


リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。