上フレーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

電子出版に思う2

 先日テレビのニュースで、作家の名前は覚えていないが、出版社から全く相手にされなかったのに、自ら電子出版のサイトに掲載したところ、評判が評判を呼び、ベストセラー作家になったという外国人が出ていた。

電子出版にもいい面と悪い面があると思うが、悪い面はどんどん是正されていくはずなので、いい面を見ていく方がいいと思う。
 そういう意味では、書籍を多量に携帯でき、なおかつどこでも新しい本を手に入れることができるというのは、夢のような話だ。どんなに映像が利用しやすくなろうと、文字で描かれた作品が無くなることはない。それは、ビデオがいくらきれいになっても、静止画として写真が無くなることはないし、絵画が無くなることもないのと一緒だ。
 淘汰されるジャンルではないと思う。書籍類が淘汰されるとしたら、人類は完全に滅亡への道を歩いているはずだ。

 よく「紙のにおいが」とか、「本のぬくもり」とかを理由にキンドルのような電子メディアを好まない方がいるが、それは好みの問題なので仕方がない。だが、そういうノスタルジックな理由を除けば、あとは画面が見にくいとかかさばるなどの物理的に解決できる部分がほとんどなので、遠からず紙とタブレットが入れ替わるに違いない。もちろん、レコードがCDに変わったほどの劇的な変化はないと思うし、紙の本が完全いなくなると言うことも、(無いとは言い切れないが)ほぼ無いだろう。紙には紙の利点もあるからだ。・・・遠い将来は解らないが。

 洗濯は洗濯機でするとか、朝起きたらテレビを付けるとか、少なくとも自分の親の世代が生まれた時期には、ほとんどの世帯が持っていなかったような利器が、今では常に目の前にある。同じように、本も新聞も、タブレットで読む時代が来る。というより、既に来ているわけで、ただそれが当たり前になるためには時間がかかるだけのことだ。

 書籍の値段は間違いなく下がるし、最後の1章を除いて全部ただで読ませるといったサービスも出てくるだろう。リンクを使って、あちこちとばし読みして、ストーリーを継いでいくような、ゲーム的な要素の高い作品や、同じテーマの作品を一気に読めたり、翻訳ソフトが十分に使えるレベルになれば、海外の書物も、翻訳家の翻訳を待たずに普通に読めるようになるかもしれない(今のレベルでは、そういう時代が来るかは不安だが)。

 いずれにしても、ここで想像すらできない方法が当然あり得るわけだ。

 何より改善が望まれるのは、やはりバッテリーで、これがどれほど保つのか、あるいは予備がどこでも手に入るのか、太陽電池などを内蔵して、電卓などのようにコンセントレスで駆動できるようになるのか、実は紙の本では起こりえないようなトラブルこそが、最もネックになる。
 本は、例えばどこかのお店に置き忘れてしまっても、最悪また買えばいいというレベルだが、ハードがそこまでの値段に落ちるか解らないし、中身にことも考えれば、非常に高価なものになる。ただそのあたりは、蔵書のクラウド化みたいなことが、一つの解決策なのかもしれない。いずれにせよ、ネットワークが鍵を握る。

 PC内に取り込んで引用したい場面もあるだろうし、せめて夫婦や兄弟など、あるいは近しい友人間でくらいは共有したいに違いない。それらの規制を全てかけると、むしろ文化としての広がりを阻害していく恐れがある。
 不特定多数に、共有ソフトで音楽などを配るのは問題があるとしても、友人間の貸し借りなどは、あまり規制すべきではないし、デジタル放送などが行っているコピー防止策も、ひいては自分たちの首を絞めることになる。
 書籍も同様だ。私が初めて本を読みたいと思ったのは、友人が貸してくれた偕成社と言うところから出ていたSFシリーズのおかげだった。彼がそれを貸してくれなければ、本嫌いのままの人生だったかもしれない。少なくともこれまでに私がSFに対して投資した多くが、出版社に入らなかったかもしれないのだ。

 著作権を守るにしても、守り方というのが大切になる。
 電子書籍は、そういった不安も抱えつつ、だが遙かに期待すべき部分が多いメディアであると思うのだ。


 
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
スポンサーサイト
下フレーム
上フレーム

電子出版に思う1

 日本でiPadが発売されて、ほぼ5ヶ月が経つ。iPadのようなものをメディア・タブレットと呼ぶらしいが(ショップの分類ではたいがいタブレットPCなどになっている)、iPad以外に既に数種類の機種が発売になっている。

 アマゾンで見ると

 本家
 Apple iPad Wi-Fi + 3G ★64GB★ (海外SIMフリー版、日本式電源プラグ付)

の他に

 SHARP Net Walker (ネットウォーカー) モバイルインターネットツール ブラック系 PC-T1-B

 ハイテックシステム 12.1インチ Mobile Tablet PC (Touch) T231

 世界初 アンドロイド搭載 7インチ インターネットタブレット (パールホワイト) - 新バージョン

 English OS Toshiba libretto W105-L251, 7-Inch Dual Touchscreen Laptop 【並行輸入品】

 などが並び、ヨドバシカメラを見ると

 オンキヨーのTW

 ハロッズ A7

 なんて言うのもある。
 また、これは前述のものとは違うし、そもそも日本語版はでていないので何だが、

 Amazon Kindle

 は、そもそもiPadがアメリカで販売されるまでは、ブックリーダーとしてはほとんど独占だったのだと思うのだが、それもあってか、iPadが発売されたとき、なぜか同類のもののように比較され、iPadの方が多機能みたいな言われ方をした。
 でも、そもそも目的が違うので、そういう意味の比較はおかしい。
 
 そういう意味ではiPadは、タブレット型PCなのであって、「電子辞書のいいやつ」的なキンドルとは全く違う。
 iPadもどきがWindows7を装備していることでも解る。

 さて、これらのiPadやもどきは、まだまだ新しいものもでるだろうし、改良もなされていくと思う。
 
 しかし、パソコンとは違い、こういったモバイル環境で本が読めるというのは、かつて家を抜け出して、外出先で好きな音楽が聴けるウォークマンが、iPodのようなポータブルオーディオプレイヤーに変わったのと同様な変革をもたらす。
 そもそもウォークマンが変革だろうと思うかもしれないが、そうではない。今回の変化は、せいぜい数時間分の音楽しか外に持ち出せなかったものが、極端なことを言えば、持っている音楽全てを持ち出すことができる時代が来たのと同様、これまでは鞄の中に数冊の本しかもてなかったが、家の本棚全部を持ち歩くことができるようになったということなのだ。

 これまででも、ノートパソコンを持って外に出て、青空文庫のような著作権切れの作品や、ウェブ上で公開されている作品であれば読むことができた。だがノートパソコンは重い。また、起動にも時間がかかる。それに対し、起動も速く、重さもノートPCほどではないこれらのタブレットは、これまでよりずっと気軽に携帯でき、起動にも時間がかからない。最も不安な点は電池切れだ。紙の本では起こらないことだからだ。

 それと、軽くなったとはいえ、iPadは700グラムもある。携帯する書籍としては、気軽でも何でもない。大判のハードカバーを持ち歩くようなものだ。もちろん、iPadやそれに類するタブレットは、読書専用端末ではない。だから、「読書」はあくまでその一部で、様々な別の用途と抱き合わせで評価すべき商品だとは思う。

 そういう意味で、私はiPadを購入するつもりはない。iPadが実現している部分の多くはノートPCでカバーできるし、ノートの方が便利な部分もたくさんある。タッチパネルが使いやすいかどうかは個人差もあるわけで、文字を打つときのタッチパネルは、とうてい専用のキーボードには及ばない。

 こういったタブレットに私が期待するのは、やはり読書の部分だし、そういう意味ではキンドルタイプの方が、よっぽど欲しい。300グラムは、ちょっと厚めの文庫本でもあるし、片手で持って読める。望むらくは画面がカラーになって欲しいし、何より早く日本語版が出ることを望んでいる。ソフトが充実すれば、ハードはキンドルだけではなく、様々な利点を備えた商品が出てくるはずだ。

 今でこそ、iPadの注目が集まるが、私自身はよりキンドル的な商品の未来に期待している。もちろん、iPadのような商品は、今後様々な改良が加えられ、ノートPCとの境界も曖昧になりながら、発展して行くに違いないが、それは多機能型タブレットとしての発展だ。

 読書を目的としたモバイルハードは、携帯電話では小さすぎるし、機能的にも多すぎる(iPhoneなどのスマートフォンでも大差はない)。メールやデータベース、メモなどのような昨日程度を付加し、読書に特化したハードが、一つのジャンルとして読書文化を形成してくれることを願っている。
 
                                             つづく


ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
検索フォーム
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
プロフィール
あの社長
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示


リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。