FC2ブログ
上フレーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

サンシャインタウン

 mixiのアプリに「サンシャインタウン」というのがあり、それをやっている。
 シムシティの限りなく簡単なやつみたいな感じだと思う(残念ながらシムシティをやっとことがないのだが)。

 スタッフというのをいろいろな職業で働かせ、街を大きくしていくものだ。スタッフは一定時間働くと収益を上げ、そのお金で家を買うと人口が増え、一定人口になるとスタッフを増やせるという仕組みだ。しかし、人口を増やすと、彼らの満足度が下がり、新しい家が買えない。そこで、稼いだ金は家だけではなく、町の人の満足度を上げるためのデコレーションというのを購入するためにも使うことになる。
 家やデコレーションを購入し街に置くと、面積が足りなくなるが、それらの様々な行為によって、ゲームの王道である経験値が貯まっており、一定の経験値をクリアすると、土地を広げることができる。

 と、単なるこの繰り返しのゲームだ。

 ただ、人生でも人間は同じようなことをやって一生を送っているわけで、いわば、人生の縮図のようなものだ。

 さて、ときどきイベントがあったりするのだが、10月にはハロウィンがあり、今回はクリスマスだ。その時期に、特別な働き場が与えられ、ハロウィンの時はお城で、今回はおもちゃ工場だ。
 これらの職場は、通常と違って割がいい。短時間でたくさん稼げるようになっている。

 今回、ハロウィンの時になはなかった縛りがあって、そこで働かせることができるのはマイミクスタッフなのだ。

 マイミクとはもちろん、ツィッターのフォロワーみたいなもので、自分の友達として登録している知人や、mixiの中で知り合って登録した人たちのことだ。詳しくは知らないが、たくさんいる方は何百人もいるのかもしれない。
 残念ながら、私の場合は非常に少ない。mixi自体、日記も書いていないし、ただ参加しているだけで、マイミクを増やすつもりはほとんど無い。ただ、相手から言われたとき断る理由もないので、断りはしないが、先方にとって、何もアクションを起こさないマイミクが、あまり意味があるとも思えない。

 さて、そんなわけで、私は今回の職場でわずか2人のスタッフしか働かせることができない。残念。

 でここからが本題。

 世の若い人たち、あるいは子供たちは、友達の人数の多寡で幸せを計る傾向があるようなことを、前にテレビで見た。
 もちろん、友達が多いことが悪いはずもない。だが、友達が多いことが=幸せであることも、必ずしも言えないのではないだろうか。何人以上が多くて、何人以下が少ないというのも極めて曖昧な話ではあるが、友達が少ないことを思って落ち込んだりしている人がいるとすれば、悲しいことだ。

 自分自身、友達が多いのか少ないのかよく解らないが、友の価値というのは人数で割りきれるものではない。また、深いつきあいかどうかと言う単純なものでもない。
 メロスの友情を信じて待つ友の情景は、美しいかもしれないし、すばらしいことかもしれない。だが、何事によらず、人生の価値というのは、一つ一つの物事の切り口だけで決まるわけでもなく、時代や国、あるいは一人一人の感性や考え方によって決まるものである。

 我々は得てして、社会通念という言葉で、あたかもこのことはこうあるべきだという、言われなき縛りに縛られることがよくある。もちろん、社会が人の集団であるなら、自ずとそこにルールはある。多くのルールは守られるべきであり、そこから逸脱した場合、裁判で裁かれることもあるだろう。

 だが、例えば友達の価値とか、愛の形、生活のやり方など個々人に許されるべきことが、意外に多くを社会によって縛られていることが多い。

 極端な例を挙げれば(ここで極端というのは誤解があるといけないのでこの話をするときにその話題か?という意味であり、ことが極端であるという意味ではない)、同性愛というのは、現代にあってさえ、なかなか多くの人から拒否反応を持って迎えられる場合が多いと思う。
 だが、同性愛であることが、社会通念上おかしいとしても、それは人の人生に於いては許されるべきではないのか、と私は思う。もちろん、宗教的な心情から許さない人も多いと思うし、それに関しては相手が宗教なので、立ち向かう言葉を知らない。

 だが一般的に言って、同性しか愛せない人たちがお互いに愛し合ったら、それで一生を送ることが、そうでない人にとってどんな不都合を生じさせているのだろう?生物学的に見て子孫が増えないのだという論理は、この際、そもそもの同性愛を認めない人にとっての論拠であるとは思っていないので、意味はほとんど無い。

 少なからずそれは、その人たちが持つ感情や思想的な嫌悪感などに起因しているだけだ。

 ではその嫌悪感をどうしてくれる、という理屈もまた、この世からあらゆる人が嫌悪するものを、片っ端から消していったらどんな世の中になるかを考えれば自ずと解ることだ。ゴミ屋敷の隣に住むというのとは次元が違う。
 だが、どう違うのだと尋ねられれば、私は、その違いが例を挙げるだけで理解されないことの方が悲しい気がする。

 いわばこういった、寛容と理解がどの程度あるかが、人類の進化の度合いを測るバロメーターなのではないかとさえ思える。自分と他人が違う人生を歩んでおり、可能な限り認め合うことからしか、平和は生まれてこないのだと言うことだ。

 サンシャインタウンのマイミクしか使えない設定というのが、実は友が少なくて悩んでいる人たちへの、意外に心に踏み込む刃物になりかねないのだと言うことを、ふと思った。

 かつて私は、自分の女好きをジョークにするために、「ホモに人権はない」と言わないでいいことを、全然ゲイではない人物に言ったことがある。実際にそんなことを思っているわけでもないし、単なる軽口以上のことではない。だが今では深く反省している。
 冗談でも、軽口でも人を傷つけるのは難しいことではない。そして冗談だから、でいつでも許されるわけでもないのだ。

 いじめで自殺する子供もいる。
 社会が守れるとしたら、やはり絶えず、人を思いやる気持ちをまず大人が持ち、子供にも教えていくしかない。今の大人たちは、どれほどがもてているだろうか?

 人が人に寛容であり優しい態度で接することが第一の社会通念として存在できる未来が来ることを、私は信じたい。

 
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

スティーヴン・セガールの新作「沈黙の復讐」

 ニュースでスティーヴン・セガールの「沈黙シリーズ」の19作目が公開されるとあった。

 そもそも「沈黙」シリーズは「沈黙の戦艦」から始まるが、これは「Under Siege」という原題で(包囲されたとかの意味か)ライバックという元海軍特殊部隊のコックが主役の話で、この後、「Under Siege2」という映画が、「暴走特急」というタイトルで公開される。これは同じ主人公を主役にした続編である。

 ところがこの間に公開された「On Deadly Ground」という、アラスカの石油採掘所を舞台にした作品がある。そしてこれの邦題が「沈黙の要塞」。実際にこのときに、既に「沈黙シリーズ第2弾」と言われていたらしい。
 
 だが、「暴走特急」は沈黙シリーズ第3弾とはならす、97年の「沈黙の断崖(Fire Down Below)」が第3弾となる。
 で、その間に「グリマーマン」という、これこそそのまま原題をカタカナにしたのでは、意味不明なタイトルの作品を挟んでいるが、これは「沈黙」していない。

 沈黙って何だ?

 セガールは全く寡黙ではないし、軽薄な声で日本語を操るとってもラブリーな男だ。途中かなり太ってやばかったが、最近は少しダイエットしたようだ。でも、「刑事ニコ」とか見ると別人のようだ。

 その沈黙の意味が分からぬまま、時折「沈黙」していない作品をいくつも間に挟みつつ、今度の作品は「沈黙」シリーズ第19作目だという。

 断言してもいいが、作品のテイストや傾向で「沈黙」と銘打っていないことは確かで、考えられるのはただ、そう付けた方が売れるから・・・・間違いなくそうに違いない。

 確かに、作品のクオリティがあまり高くない作品は多い。個人的に好きなのは「沈黙の戦艦」「暴走特急」「沈黙の断崖」「グリマーマン」で、それ以降の作品はあまりいただけないものが多い。でも必ず見る。

 それは、「浅見さんは刑事局長さんの弟さんでしたか~お人が悪い」シーンが読みたいが為に内田康夫を読み続けるのとにている。
 とにかく強い。負けない。ヒーローってのはこういうのを言うのだ。何度も苦境に陥るヒーローなんてエセだ!
 というくらい強い。

 日本人は負けて這い上がるタイプが好きなようだが、ヒーローたるもの、負けてはならない。負けているように見えるのは、卑怯な不意打ち、女を守るため、そしてわざと、他にはない。自分と同等のライバルなどあってはならないのだ。

 私は「バビル2世」が好きだが、あたかもヨミはバビル2世と同等のように見えるが、決してそんなことはない。ヨミは一度としてバビル2世には敵わないのだ。ここにヒーローのヒーローたる所以があると私は思う。

 いや、世間の誰がなんと言おうと、私にとっては弱いヒーローなどヒーローではない。それでいいじゃないか。私が言ってるだけだ。ウィキペディアの「ヒーロー」の項に付け足そうなんて、これっぽっちも思っていないのだから。

 あ、セガールもきっと、何回か負けているかもしれない。でも見なかったことにしよう。


そして予告編・・・
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

山河

 小椋佳作詞、堀内孝雄作曲の「山河」という曲がある。
 この曲を初めて耳にしたのはたぶん、2000年の紅白だったと思う。五木ひろしがそこで歌っているとき、丁度家に帰り、曲の名前もよく解らず、暫く経ってから探したのだ。実は、いい歌だと思っただけで、歌詞すら覚えていなかった。

 YouTubeで見つけたときはうれしかった。いい時代だ。

 そしてこの曲は、書いたとおりの作詞・作曲なので、当然その二人も歌っている。



五木ひろしバージョン



小椋佳バージョン。この人にこの歌は向いてない気がする。



堀内孝雄バージョン。3人の中では、実は一番これが好きだ。


 だが、この3人を圧して、感動的ですばらしい歌を歌っているのが島津亜矢という演歌歌手だ。
 島津亜矢は、かつて私がCDをお店で販売しているときには既に歌っていたので、20年選手ではあると思う。今までほとんど聴いたことはなかった。上手いという話は聞いたことがあったが。

 その動画が現在YouTubeにない。NHKの番組の一部を上げてあっただけで、歌手の宣伝以上の効果はないと思うのだが、なぜか削除されている。投稿者が単に消したのか、著作権がらみで消されたのか解らないが、寂しい限りだ。

 それほどすばらしい歌唱だった。上の3人では泣けなかったが、島津亜矢のは涙が流れた。

 ダウンロードしてあるので、上げてもいいし、完全に個人のブログなら上げるだろうが、一応仕事のブログなのでやめておく。

 しかし彼女がCDにしているか、探したのだが無かった。残念。
 また上がれば、ここでご紹介したいとも思う。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

TAG <index>

 HTMLを自分で書く場合、あるいはソフトで書いたものをテキスト・エディタなどで修正する場合、HTMLのタグの知識は、スタイルシートの知識と共に不可欠だが、では全てのタグを覚えているかというと、その要素まで含めて全部覚えている人問のは、よっぽど自分でホームページのコーディングを毎日していない限り、そう多くはないだろう。
 スタイルシートについては尚更である。

 本を買ってもいいが、そんなときに役に立つのが、HTMLを紹介してくれているサイトである。

 TAG <index>

 は、そんな中でも見やすく、最も使いやすいサイトの一つである。

 文字コードを変換してくれるツールなども便利である。
 
 ここをじっくり読めば、普通にホームページがソフトウェアの手助け無しでもできるようになるだろう。
 とはいえ、それをするのはめんどくさいだろうから、そういう方は、是非弊社にご用命を!

 何て宣伝をしたりして。

 こういうサイトは基本的なところを学ぶのに適しているが、今後も、お役立ちサイトを順次ご紹介していきたい。今日のはジャブだな。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
上フレーム

小惑星探査機:はやぶさ

ちょっと時機を逸している感はあるが、小惑星探査機「はやぶさ」。

 

小惑星探査機「はやぶさ」の偉業を表彰するため、海江田万里宇宙開発担当相と高木義明文部科学相が感謝状を贈ることになった。30日の閣議後会見で両大臣が発表した。



 というニュースを見たので。

 いや、確かにすごいことだろう。この事業にかかわった人たちの努力も、かなり報われただろう。
 アメリカは2030年までに、火星に人を送り込むとも言っている。

 ああでも、現在2010年、かつて夢見た21世紀はいったいどこに。

 小学生の時、私は宇宙に行きたかった。
 21世紀はそういう世紀だと思っていた。

「2001年宇宙の旅」という映画は、1968年の公開で、アポロ11号が月面に人類の第一歩を刻む前の年だった。

 SFで育った私のような人間は、この50年間の遅々として進まぬ宇宙開発に、ある意味落胆をしている人も少なくないと思う。
 パソコンや携帯がいくら発達しても、人類は未だに地球に縛り付けられている。

 もちろん、自分では何らそういった事業に貢献している部分があるわけでもないので、全くの他力本願なのだけれど、夢は大きく破れていることに違いはない。

 かつてヒューゴー・ガーンズバックがSFという言葉を生んだとき、その言葉には実現可能な科学的未来という意味が含まれていた。ヒューゴー賞という、SFで最も権威ある賞に名を冠されたこの人は、自らの小説に、その後実現された多くの家電や仕組みを盛り込むことができた。

 しかしその後の多くのSF作家がなし得たのは、優れた作品を世に送り出すことで、決して実現可能な未来を描くことではなかったようだ。

 確かにはやぶさはすごいことをやったのだと思う。でも中学生の私は、2010年、少なくとも人類は月や火星に旅行に行くぐらいのことになっているという、淡い期待を持っていた。残念。

 せめて22世紀には、そうなっていて欲しいな。その頃にはわたしはとっくにいないけど。
ranking
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

お気に召したら、クリックよろしく!
下フレーム
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
プロフィール
あの社長
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示


リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。